徑山寺味噌

          【ご案内】大変お待たせいたしました!
  2018年9月14日より今夏仕込みの「新物」を封切いたしました!!
    今しかお召し上がり頂けない「新物」のフレッシュ感をぜひお試しくださいませ。


★★★ 元禄創業期より変わらぬ製法で全て手作り一筋 ★★★

◇堀河屋の「徑山寺味噌」は、創業以来、300年以上に渡り受け継いだ伝統製法でつくられた
新鮮な地元産夏野菜がごろごろ入った「おかず味噌」です。

◇「徑山寺味噌」は、鎌倉時代に紀州興国寺に中国(宋)より伝わったといわれ、
 現代の醤油のルーツとなったといわれています。

  詳細はこちらから ⇒ http://www.horikawaya.com/07roots/index.html

◇材料は、北海道産丸大豆・国産はだか麦、米、
 夏に収穫した新鮮な地元産夏野菜 「瓜・茄子・紫蘇・生姜」を使用しています。

※当蔵の徑山寺味噌は、地場の夏野菜が取れる夏場(6月〜8月)にしか仕込みません。
また、仕込後、温度を調整したり、化学的なもので発酵を調整したりは当然していない、
いわゆる「天然醸造」の食べ物です。

よって、食べて頂くシーズンによって、味わいが微妙に異なります。
毎年、封切する10月〜は、その年の夏に仕込んだ【新物】を、前年の夏に仕込んだ【熟成】徑山寺味噌を両方お楽しみいただけます。

味の特徴としましては、
徑山寺味噌・・・米、大豆の麹の甘さ、瑞々しい夏野菜のフレッシュ感をお楽しみ頂けます。
【熟成】徑山寺味噌・・・芳醇でしっかりした深いお味に仕上がっております。

日本の四季が産み出したお味の違いを、ぜひお楽しみください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14